大阪府の吉村洋文知事は30日、新型コロナウイルスの感染が確認された大阪市在住の女性ガイドが、発症前に同行していた中国・武漢からの観光客を乗せたバスツアーで、同市内の大阪城や心斎橋エリアなどを訪れていたと明らかにした。

 吉村氏は女性との濃厚接触者の有無は調査中だと説明し「空気感染はしない。府民には冷静に判断、行動してもらいたい」と話した。

 府によると、女性は1月12日から、既に感染が確認されている奈良県の男性バス運転手と共にこのツアーに同行。15日に大阪市湾岸部のベイエリア、16日に同市中央区の大阪城周辺と、外国人観光客に人気の繁華街・心斎橋に立ち寄った。