東近江市役所

東近江市役所

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、滋賀県東近江市はこのほど、友好都市提携を結ぶ中国湖南省常徳市の友好代表団にマスク1万枚を提供した。


 27日、常徳市職員から東近江市職員に「マスクの入手が困難になっている」と無料通信アプリ「ウィーチャット」で連絡があった。市はマスクを急きょ準備し、23日から同市などに滞在していた常徳市の友好代表団14人の帰国に合わせ、中部国際空港(愛知県)で段ボール10箱分を手渡した。今後、代表団からマスクを受け取った常徳市が市内で配布するという。
 東近江市の担当者は「今後も連絡を取り合いながら支援に当たりたい」と話している。旧八日市市(現東近江市)と常徳市は1994年に提携を結び、交流を続けている。