国内飼育期間最長を記録していたライオンの「ナイル」(2019年11月、京都市左京区・市動物園)

国内飼育期間最長を記録していたライオンの「ナイル」(2019年11月、京都市左京区・市動物園)

 京都市動物園(左京区)で飼育する国内最高齢のライオン「ナイル」(雄)が死んだことが31日、分かった。25歳10カ月だった。国内飼育期間は22年6カ月で、最長記録を更新していた。

 市動物園によると、同日午前8時5分ごろ、出勤してきた職員が動かなくなっているナイルを発見し、死んでいるのを確認した。
 今月10日ごろから、エサの摂取が不安定になり、27日ごろから食欲がなくなった。29日夕方からは立ち上がれなくなり、30日は展示を中止していた。
 ナイルは和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで生まれ、1997年7月に市動物園に来園、人気を集めていた。坂本英房副園長は「やせて動けなくなってはいたが、ほえる姿に勇気づけられた。市民に愛されていたナイルが死んだのは残念だが、よく頑張ってくれた」と話している。