薬師如来坐像(重要文化財 安楽寺蔵 平安時代)

薬師如来坐像(重要文化財 安楽寺蔵 平安時代)

薬師如来坐像(重要文化財 法楽寺蔵 平安時代)

薬師如来坐像(重要文化財 法楽寺蔵 平安時代)

 秀麗な太神山をのぞむ田上の枝地域に安楽寺があります。伝教大師最澄が建立したという本寺の薬師堂には、きれいなお顔の薬師如来像が安置されています。

 頭頂部に隆起した肉髻(にっけい)が高めで額が狭く、あごはやや細くシュッとした面相です。眉毛もきれいに弧を描いて鋭く彫られ、まぶたは小さくて細く、やや控えめに表されています。少し平板なところは平安時代後期の様式ですが、なかなか男前ですね。顔をよく見ると、表面が少しざらざらしています。これは麻布を漆で貼っているためで、このような丁寧な造りは、本像が当時の一級品だったことを伺わせます。

 田上から関津峠を南下すると大石地域で、慈覚大師円仁が創建した法楽寺があります。本尊の薬師如来は秘仏として12年に1度の寅年の数日のみ開扉されます。ですからお顔を拝したことがある人はまれで、写真もモノクロしかなかったほどです。

 顔は満月のようにまん丸く、大きく弧を描く眉毛の下に、細くキリっとしたまぶたを刻んでいます。鼻筋が通り、唇もしっかりと刻み、口角がやや上がっているので、ほんのりと微笑を感じさせます。こちらもハンサムな面持ちですね。耳の見え方が左右で異なるのは、仏師の利き腕の問題と思われ、一体一体手で彫っていた様子をうかがわせます。(大津市歴史博物館学芸員 寺島典人)

    ◇ 

 大津市内の10社寺でつくる湖信会設立60周年、日本遺産登録を記念した大津市歴史博物館の企画展「神仏のかたち-湖都大津の仏像と神像」(同館、びわ湖大津観光協会、湖信会、京都新聞など主催)に合わせて、大津の仏教文化を同館学芸員に紹介してもらいます。

 湖信会の10社寺は、浮御堂(満月寺)、西教寺、延暦寺、日吉大社、近江神宮、三井寺(園城寺)、石山寺、建部大社、岩間寺(正法寺)、立木観音(安養寺)です。

 ■企画展「神仏のかたち-湖都大津の仏像と神像」は11月25日まで、大津市歴史博物館(同市御陵町)で開催。月曜休館。有料。