サンガスタジアム京セラの一角に完成した3人制バスケットボール専用のハーフコート(亀岡市)

サンガスタジアム京セラの一角に完成した3人制バスケットボール専用のハーフコート(亀岡市)

 京都府亀岡市のサンガスタジアム京セラ(府立京都スタジアム)の一角に、バスケットボールのハーフコートが2面完成した。サンガの試合や催しがない限り、基本的には無料で開放され、気軽に3人制バスケが楽しめる。


 地元のプロチーム「KYOTO BB」が京都府に要望し、実現した。コートはスタジアム東側の屋外に整備された。実際のコートの大きさに基づき、3点ラインやフリースローラインが引かれ、ゴール周辺のペイントエリアなども色分けされている。
 ゴール2基を寄贈したKYOTO BBの紅谷裕司オーナーは「多くの子どもたちにプレーしてもらい、3人制バスケの楽しさを知ってもらいたい」と話している。
 午前9時から午後9時まで利用可能。土日祝などイベントや試合がある日は利用時間などの変更もある。