共産党の小池晃書記局長

共産党の小池晃書記局長

 共産党の小池晃書記局長は3日の会見で、2日に投開票された京都市長選の期間中、立憲民主党と国民民主党の府連が推薦する現職の門川大作氏の選挙母体が「大切な京都に共産党の市長は『NO』」と訴える新聞広告を出したことについて「国政で共闘する組織が名を連ねたことは残念で、わが党として許容できない」と不満を示した。


 一方で「許容できないと表明することがアクションだ」と述べるなど両党に対する直接の抗議は行わない方針で、今回の広告が野党共闘に与える影響を抑えたいとの思惑もにじませた。
 同市長選は自民党府連や公明党の推薦も受けた門川氏が、共産党などが推薦する新人の福山和人氏らを退けて4選を果たした。