同大ラグビー部はこのほど、萩井好次監督(44)が退任し、伊藤紀晶バックスコーチ(49)が新たなヘッドコーチ(HC)に就任すると発表した。新体制では監督を置かず、伊藤新HCが現場の責任者となる。HCを務めてきた佐藤貴志氏(38)はコーチとして引き続き指導に当たる。


 伊藤新HCは大工大高(現常翔学園)で全国高校大会優勝。同大では主将としてチームを関西大学リーグ優勝に導き、社会人の神戸製鋼で活躍。日本選手権優勝などに貢献した。
 2017年春から3季にわたってチームを率いた萩井監督は「就任当初は結果が出ず、学生には申し訳なかったが、中長期的な視野で同志社を発展させる覚悟で取り組んできた。次につながっていけばうれしい」と話した。