再審初公判後の会見で、この日のために施したヒマワリのネイルアートを見せる西山さん(3日午後6時10分、大津市梅林1丁目)

再審初公判後の会見で、この日のために施したヒマワリのネイルアートを見せる西山さん(3日午後6時10分、大津市梅林1丁目)

被告人質問で確定判決の誤りを証明するため、両手の指を使って30を数える西山さん(大津市京町3丁目・大津地裁)

被告人質問で確定判決の誤りを証明するため、両手の指を使って30を数える西山さん(大津市京町3丁目・大津地裁)

 「私は殺していません」。16年におよぶ殺人の汚名をそそぐため、大津地裁で3日、西山美香さん(40)は再審に臨んだ。言葉を振り絞って弁護人の質問に答え、虚偽の自白に至った経過や、刑事からの差し入れなど、県警の不当な捜査を証言していった。はっきりと「冤罪(えんざい)」を証明するように。

 「(担当の)男性刑事ともっと長くいられるから、うれしい」。被告人質問で、西山さんは16年前の逮捕時の気持ちを述べた。「逮捕の意味も分からなかった」
 幼い頃から、成績優秀な2人の兄と比べられ、劣等感があった。逮捕前から身の上話を聞いてくれ、「君も賢いよ」と言った刑事を好きになった。留置場から取調室へ出してくれる「白馬の王子様」だと思った。
 その気持ちに便乗するような捜査を、西山さんは被告人質問で明らかにしていった。
 取り調べで、男性刑事と二人きりになることがあった。「男女は取調室で2人になってはいけないはず」と弁護士から問われると、「取調室のドアが開けられ、外に女性刑事が座っていました」。女性刑事の目を盗み、男性刑事の指に触れた。「拒まれませんでした」
 刑事は、逮捕直後から、禁止のはずの被疑者への差し入れもした、という。ケーキにハンバーガー、ドーナツ。好物のオレンジジュースは「毎日だった」と西山さんは話した。「刑事と練習した通りにチューブを外す再現をした」「『裁判で否認しても本当の気持ちではない』という検察宛ての手紙を書かされた」とも語った。
 証言からは、調書が西山さんの知らないところで作られた疑いも出てきた。確定判決は、呼吸器外れを知らせるアラームの消音機能が切れる60秒を頭の中で数え、発覚を防いだとした。この日の法廷で、軽度の知的障害がある西山さんは、両手の指で30を数え、頭では数えられないことを示した。「なぜこんな調書ができたのか分からない」と訴えた。
 30を数えた両手の指には、この日のために施したネイルアート。弁護団から教えられた「自由と正義」の象徴のヒマワリが描かれていた。