陸上自衛隊大津駐屯地(大津市)は4日、同僚の男性隊員に暴行しけがを負わせたとして、同駐屯地第109教育大隊所属の20代の男性2等陸士を同日付で停職2日の懲戒処分にしたと発表した。

 同駐屯地によると、2等陸士は昨年10月3日、言動を注意されたことに腹を立て、同僚隊員の顔や脇腹に殴る蹴るの暴行を加え、全治1週間のけがを負わせたという。