新型コロナウイルスによる肺炎の拡大で、マスクが品切れになった棚(4日、京都市下京区・東急ハンズ京都店)

新型コロナウイルスによる肺炎の拡大で、マスクが品切れになった棚(4日、京都市下京区・東急ハンズ京都店)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、マスクが売り切れる店舗が京都や滋賀で続出している。購入を制限する店も広がるが、品薄で入荷時期が見通せず、まとまった量の入手は困難となっている。一方で専門家は「マスクの感染予防の効果は限定的。手洗いを徹底する方が重要」と指摘する。

 「棚からマスクが無くなったのを初めて見た」。東急ハンズ京都店(京都市下京区)の販促担当者は驚く。同店では通常約40種類のマスクを取り扱うが、4日午後の時点で1種類を除き品切れになった。
 中国で春節(旧正月)休暇が始まった1月下旬から急速に売れた。31日から「1人5点」の購入制限に踏み切ったが、売れ行きは前年比で4倍近くに。次の入荷時期も未定という。
 ドラッグストア「ダックス」を府内で展開するシミズ薬品(同区)もマスクをほとんど入荷できないといいう。スーパー大手の平和堂(彦根市)は、全店舗でマスク購入を1家族1点に制限。通販サイトでは20枚入りマスクを1万7千円の高値で出品する例も見られる。
 製造元も困惑する。マスクやマスク製造装置を生産するニシガミ(南区)は、1月末から受注が殺到。上野篤雄社長は「中国企業から年間生産量を上回るマスク1億枚の注文があったが、到底無理だ」とし、新規受注は全て断っている。
 一方、家電量販店ヨドバシカメラマルチメディア京都(下京区)では、空気清浄機や除菌用の空間清浄機の販売が前年同期を上回る伸びを見せている。
 日本チェーンドラッグストア協会府支部の藤田哲支部長(フジタ薬局社長)は「府内加盟店の大半でマスクは品切れに近く、SARS(重症急性呼吸器症候群)以来の出来事だ」と話している。
 京都府立医科大の中屋隆明教授(ウイルス学)は「コロナウイルスを含んだ唾液の粒子は直径数マイクロメートルとマスクの編み目より小さいとみられ、感染を防止する効果は限定的」と指摘する。自身が感染者の場合は、飛まつの飛び散りを防ぐ効果はあるとしつつ、「人混みを避けたり、手洗いを1回15秒以上したりすることが予防になる。マスクを過信しないで」と話している。