無罪確定へようやく再審公判が始まった。

 東近江市の湖東記念病院で、人工呼吸器を外して男性患者を殺害したとして、殺人罪で懲役12年が確定、服役した元看護助手西山美香さん(40)の再審公判で、大津地検が新証拠による有罪立証を断念し、無罪が確実となった。

 汚名を着せられ、理不尽な扱いを強いられた西山さんが失った時間はあまりに長い。一刻も早い名誉回復と併せ、「冤罪(えんざい)」が仕立てられた経緯の解明を求めたい。

 「殺していません」。西山さんは大津地裁で開廷した初公判で前を見据え、改めて無罪を訴えた。

 患者の死亡から1年以上が過ぎた2004年7月、殺害を自白したとして逮捕された。以来15年半余り、2度目の再審請求で道が開け、無罪が眼前に近づいた。つらく長い道のりだったに違いない。

 弁護側は、複数の医学的証拠から「患者は自然死」として無罪を主張。「自白には任意性がない」と調書の証拠排除を求めた。さらに取り調べ時の違法な飲食提供や知らない間の調書作成など、滋賀県警の不当な捜査も指摘した。

 検察側は「裁判所に適切な判断を求める」と述べ、30秒程度で冒頭陳述を終えた。なぜ有罪立証の方針を転換せざるを得なかったのかも明らかにしなかった。

 求刑放棄や無罪論告に言及しなかったのは無責任だ。検察が自ら明確に過ちを認めるのが筋ではないのか。これでは「社会正義の実現」を掲げる資格はない。

 県警の捜査を巡って、自白の誘導など不当性が批判され、西山さんに有利な証拠を大津地検に送致していなかった事実も浮かび上がった。県警が「事件」の構図に執着し、虚偽自白に頼ったずさんな捜査を続けた実態の検証が欠かせない。謙虚に改めなければ、失墜した信頼は取り戻せまい。

 県警や地検の失態を見抜けなかった裁判所の責任も極めて重い。地裁、高裁、最高裁とも再審請求を含め計7度も西山さんの無実の訴えを退けた。なぜなのか、裁判所自身が答えを示す必要がある。

 過ちを繰り返さないためには、自白偏重を排し、取り調べの可視化だけでなく、弁護士の立ち会いも制度化する必要がある。再審手続きでも全証拠リストの開示といった見直しが欠かせない。

 判決は来月31日に言い渡される。速やかな無罪獲得を優先し、審理は限られる。とはいえ可能な限り問題点をあぶり出し、合点がいく判決を下してもらいたい。