京都市役所

京都市役所

 放課後学童事業を運営する京都市伏見区の社会福祉法人「紫山福祉会」の前理事長が利用児童に「ばか」と言ったり、児童のことを指して職員に「アスペルガーだ」などと暴言を吐いていたなどとして、京都市は5日、同法人に改善勧告を出したと発表した。勧告は4日付。


 市によると、前理事長は2013年4月から、放課後に小学生の遊び場を提供する事業「ネイチャーキッズ」の管理者を兼務していた。昨年夏、プール活動中に指導員の指示に従わずプールに入った児童に「殴られたいのか、ばか」と発言。また、職員に対し、利用児童のことを指して「アスペルガー」「ばかども」などの暴言を吐いていたという。
 昨年6月、利用児童に対する暴言があったとして、保護者から市に前理事長の退任を求める嘆願書が出されていた。市は昨年10月に特別監査を行い、前理事長が児童への暴言を認めたという。このほか、法人が運営する大受保育園(伏見区)の職員の給与を同意なく引き下げていたことも発覚した。前理事長は11月に辞職した。
 市は今月4日、法人に対して職業倫理を徹底させる研修や適切な事業運営を求めて改善を勧告し、3月末までの報告を求めた。