新型コロナウイルス対策の緊急提言を岸田政調会長(右から2人目)に提出した西脇知事(右端)ら=東京・永田町の自民党本部

新型コロナウイルス対策の緊急提言を岸田政調会長(右から2人目)に提出した西脇知事(右端)ら=東京・永田町の自民党本部

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、京都府の西脇隆俊知事らは5日、政府与党に対し、全国知事会としての緊急提言を提出した。ウイルスの検査体制整備に向けた支援や観光業など地域経済への対応、感染者の情報公開における基準の統一化などを求めている。

 全国知事会は先月30日に新型コロナウイルスの緊急対策会議を設け、各都道府県の対応状況やニーズをとりまとめて7項目からなる緊急提言を作成。会長の飯泉嘉門・徳島県知事や西脇知事らが自民党本部で岸田文雄政調会長、首相官邸で杉田和博官房副長官にそれぞれ手渡した。

 京都府内では中国人留学生1人の感染が確認されたが、厚生労働省は居住地を「京都府内」としか発表せず、府などは対策や連携の必要性から独自判断で「京都市」と明らかにした。西脇知事は緊急提言提出後の取材に「いちいち悩むことなく公表できるようにしてほしい」と述べ、正確で迅速な情報発信を可能にするよう訴えた。