京都市役所

京都市役所

 京都市は5日夜、市在住の20代の中国人男性から新型コロナウイルスが検出されたと発表した。状態は安定しているという。京都府内での感染確認は2例目。

 市によると、男性は1月24日夜に体調不良を訴え、25日に37・5度の発熱があった。31日に市立病院(中京区)を受診して肺炎と診断され、そのまま入院している。2月4日の市の検査で陽性反応が出た。

 男性は武漢市に渡航歴はないが、1日に300人ほどの中国人観光客が訪れる京都市内の物販店で接客をしており「客の中に武漢出身者がいたと思う」と話しているという。同僚の韓国人男性が1月25日から28日にかけて同居しながら看病しており、市は健康観察を続けている。

 府内では、30日に市在住の20代中国人留学生の女性の感染が初めて確認された。