背中に明智光秀や新スタジアムを、左胸に京都サンガFCのエンブレムをあしらった紫色の応援シャツ

背中に明智光秀や新スタジアムを、左胸に京都サンガFCのエンブレムをあしらった紫色の応援シャツ

 9日にJR亀岡駅北側で開業するサンガスタジアム京セラ(府立京都スタジアム)を本拠地とするサッカーJ2京都サンガFCを応援するために、亀岡市商店街連盟はチームカラーの紫色のシャツを作製した。商店主や市職員などがそろいで着用し、試合日をアピールする。
 
 亀岡市全体の盛り上げにつなげようと昨夏、篠町の馬堀西部商店会が発案。新スタジアムと大河ドラマで脚光を浴びる明智光秀をあしらったデザインとしたのが元になっている。
 
 今回はサンガの協力で左胸には新たにサンガのエンブレムを付け、ポロシャツとTシャツの2種類を約300枚作製。市と亀岡商工会議所も賛同し、市商店街連盟と共に3団体が試合の前日や当日の業務中に着用する。市役所の職員は紫色のポロシャツで庁舎を利用する市民を迎える。
 
 辻村均会長は「応援シャツで個店のサービスを充実させ、商店街活性化にもつなげたい」と意気込んでいる。