日本への出荷が遅れる見通しとなったニンテンドースイッチ

日本への出荷が遅れる見通しとなったニンテンドースイッチ

 任天堂は6日、中国で生産する主力ゲーム機「ニンテンドースイッチ」と周辺機器について、新型コロナウイルスの感染拡大により日本への出荷の遅れが避けられないと発表した。現時点で通常の供給態勢に戻る時期は見通せないとしている。

 中国では新型コロナウイルスの感染拡大を受け、春節(旧正月)休暇後も休業している工場が多い。任天堂はスイッチの大半の生産を同国内で委託しており、古川俊太郎社長は1月末の会見で「終息が長引けば出荷に響く」と懸念していた。
 任天堂によると、日本や韓国、香港向けに供給するスイッチ本体とコントローラーの出荷が遅れる。8日に予定していた「ニンテンドースイッチ あつまれ どうぶつの森セット」の予約開始日は未定となった。リング状のコントローラーで遊ぶフィットネスゲームソフト「リングフィットアドベンチャー」も人気のため現在も品薄で、その状況が当面続く見通し。
 年末商戦が好調だったため、現時点で2020年3月期の業績予想を見直す予定はないという。同社は今期、スイッチを前期より約250万台多い1950万台販売する計画。