伊吹文明氏

伊吹文明氏

 自民党の伊吹文明元衆院議長(京都1区)は6日の派閥会合で、今国会の予算委員会について「率直に言って与野党とも芳しくないというか、品格がありません」と苦言を呈した。首相主催の「桜を見る会」を巡る殺伐としたやりとりに、政界の重鎮として黙っていられないようだ。

 予算委員会では連日のように野党側が桜を見る会について追及するものの、安倍晋三首相は同じような答弁を繰り返したり、詳しい説明を拒んだりして議論は深まっていない。同じことを何度も聞かれていらだったのか、首相が野党議員を「うそつき」と非難する事態も生じた。
 伊吹氏は桜を見る会の問題について、汚職や脱税などの犯罪と異なり、身内をひいきしすぎるという政治姿勢の問題との見方を示し、すでに首相が謝罪していることから「糾弾をいくらやってもらちがあかない」と野党側を批判。その上で「一国の宰相は、人生経験も政治歴も少ない野党の人を相手に対等に議論する必要はない」と述べ、むきになって反論しがちな首相をたしなめた。