731部隊だった平澤正欣軍医によるペスト感染実験の博士論文。「さる」が死亡するまでの体温変化を記録したグラフ。人体実験だったとの指摘がある(国会図書館関西館所蔵)

731部隊だった平澤正欣軍医によるペスト感染実験の博士論文。「さる」が死亡するまでの体温変化を記録したグラフ。人体実験だったとの指摘がある(国会図書館関西館所蔵)

 戦時中に中国東北部で細菌兵器を研究した「731部隊」(関東軍防疫給水部)は、京都帝国大医学部出身の石井四郎軍医中将が中心となり、捕虜をペスト菌などに感染させて症状の進行を調べたり、生体解剖したりしたとされる。石井は戦後、京大から助手・講師クラスの研究者たちを派遣してもらったと謝意を語っている。
 旧満州のハルビン近郊にあった731部隊は終戦時で約3900人、博士号を持つ医官は53人いた。1945年時点で軍医52人、技師49人、雇員1275人、衛生兵1117人という部隊構成だった。
 京大医学部講師から731部隊に派遣され凍傷研究を行い、戦後は京都府立医科大学長になった吉村寿人によると、「京大の助教授・講師級の若い者が8名(病理学3、微生物学2、生理学2、医動物学1)が派遣されることになった」(「喜寿回顧」より)。
 戦後、京大出身の元731部隊員たちは医学界に戻り、金沢大医学部長、京大医学部長などを務めた。学者以外にも京大出身者はおり、石井軍医中将の片腕といわれた増田知貞軍医大佐も、戦後ミドリ十字を設立した内藤良一軍医中佐も京大医学部卒。
 731部隊が行った実験の記録は、米国が占領期に行った尋問調書や持ち帰ったペスト菌、炭疽菌などを注射するなどした解剖記録(ヒル・レポートなど)が米国で機密解除されており、米国立図書館で閲覧できる。のちに京大医学部長を務めた医学者の「実験のため使用された500体を解剖した」との調書も含まれている。