1世帯当たりの消費支出増減率

 1世帯当たりの消費支出増減率

 総務省が7日発表した2019年12月の2人以上世帯の家計調査によると、1世帯当たりの消費支出は32万1380円で、物価変動を除いた実質では前年同月比4・8%減となった。マイナスは3カ月連続。消費税増税後の反動減や、暖冬で冬物商品の消費が鈍かったことが響いた。

 基調判断は増税という特殊要因の影響がまだ残っているため、同年11月と同様に示さなかった。中国での新型コロナウイルスによる肺炎の流行について、総務省の担当者は「日本の消費に影響があるのか、よく見ていきたい」と話した。

 項目別では「家具・家事用品」が13・3%減。増税や暖冬でエアコンなどの購入が減った。