暖冬の影響か例年よりも極めて早く咲いた紅梅(長岡京市天神2丁目、長岡天満宮)

暖冬の影響か例年よりも極めて早く咲いた紅梅(長岡京市天神2丁目、長岡天満宮)

 乙訓地域の梅の名所で知られる京都府長岡京市天神2丁目の長岡天満宮と隣接する長岡公園の梅園の梅が、花を咲かせている。暖冬の影響で中には満開に近い品種も見られ、愛好家らが一足早く花見を楽しんでいる。

 長岡天満宮と長岡公園の梅園には、それぞれ約150本の梅の木がある。梅園では、早咲きの紅梅と白梅がほぼ満開で、ほかの品種も次々に開花している。天満宮では本殿前の紅梅が八分咲き、白梅が三分咲きとなっている。
 市公園緑地課によると、1月中旬から咲き始めたといい、「開花が例年より早く、見頃は今月下旬になりそう」とみている。天満宮の中小路宗俊宮司は「これほど早くに咲いた記憶がない。節分前に突然に咲き出し、驚きました」と話す。
 梅花祭は3月15日にあり、茶席(午前10時~午後3時、有料)を設ける。