大津地方裁判所

大津地方裁判所

 滋賀県東近江市の湖東記念病院で2003年、男性患者の人工呼吸器を外して死亡させたとして殺人罪で懲役12年が確定し、服役した元看護助手西山美香さん(40)の裁判をやり直す再審の第2回公判が10日、大津地裁(大西直樹裁判長)で開かれた。検察側は求刑を放棄し、西山さんの無罪は一層確定的になった。

 弁護側は改めて無罪を主張し結審した。判決は3月31日。
 検察側は論告で「取り調べ済みの証拠に基づき、適切な判断を求める」と述べるにとどまり、求刑を放棄した。西山さんの無罪は一層確定的になった。
 弁護側は最終弁論で、患者は自然死だったが、滋賀県警が西山さんの刑事への好意を利用するなどして自白を誘導し「事件」に発展させたとし、「新たな有罪立証をしないならば無罪論告をするべき」と検察側を批判。裁判所に対し、「逮捕以降の苦痛を和らげるため、明快な無罪判決を」と求めた。西山さんも最終意見陳述を行い、「裁判所には被告人一人一人の声を聞いて審理してほしい」などと思いを述べた。
 西山さんは、男性患者の死亡から1年以上が過ぎた04年、「呼吸器のチューブを外した」と殺害を自白して逮捕された。公判では「取り調べた刑事に好意を抱き、虚偽の自白をした」として一貫して否認したが、05年の一審判決は有罪認定し、その後、最高裁で確定。17年8月まで服役した。一方、第2次再審請求審で大阪高裁が、同年12月に再審開始を決定し、19年3月に最高裁で確定した。
 日弁連が支援し、再審公判が開かれた刑事事件は全国で今回以外に17件で、全て無罪が確定している。京滋で被告側請求により開かれた再審は初めて。

 白のジャケットに黒いスカート姿で臨んだ西山さんは、弁護団の最終弁論に続いて、緊張した面持ちで被告人席に座った。時折詰まりながらも原稿などは手にせず、はっきりとした声を響かせた。
 この日求刑を放棄した検察に対しては、「無罪か、確定審のように求刑13年をうってくると思ってた。有罪でも無罪でもないというなら、無罪(論告)にしてくれてもいいじゃないですか」と姿勢を批判し、「どんな思いで両親が過ごしてきたか分かってほしい」と語気を強めた。