明智光秀が織田信長を討った本能寺跡から出土した、赤く焼けただれた瓦や鬼瓦など(京都市上京区・市考古資料館)

明智光秀が織田信長を討った本能寺跡から出土した、赤く焼けただれた瓦や鬼瓦など(京都市上京区・市考古資料館)

 戦国武将・明智光秀と京都のつながりに焦点を当てる合同展「光秀と京」が、京都市上京区の市歴史資料館と市考古資料館で開かれている。光秀が活躍した戦国時代の時代状況や、主君・織田信長を討った本能寺の変に至る歩みを、千点を超える古文書や出土品を通じて迫る。
 歴史資料館では、1568年の信長上洛を促した朝廷の官人による「立入家文書」や、近江甲賀の土豪が記した「和田家文書」といった館蔵品が並ぶ。「美濃国住人、ときの随分衆(守護土岐氏の有力家臣)」といった出自を示した重要な記述を確かめられる。
 京都支配に関わった信長奉行衆の連署状では、木下(豊臣)秀吉らより格上の立場で名を連ねており、69年ごろから有力武将として頭角を現した光秀の姿が垣間見られる。
 一方、考古資料館では、城館を中心とした発掘成果を主に紹介。光秀が築いた周山城(右京区京北)と本能寺の関連遺物は大半が初展示で、築城の名手とされた光秀が手掛けた山城の威容を、写真パネルや瓦が伝える。
 歴史資料館は4月5日まで(月曜と祝日休館)、考古資料館は6月21日まで(月曜休館、祝日の場合は火曜休)。ともに午前9時~午後5時、入場無料。