洛和会音羽病院(京都市山科区)

洛和会音羽病院(京都市山科区)

 洛和会音羽病院(京都市山科区)は10日、入院患者8人と看護師1人がインフルエンザA型に集団感染し、このうち入院中の70代男性=同市=が死亡した、と発表した。

 同病院によると、2~6日に感染が広まったという。亡くなった患者はがん治療で1月25日に入院、4日にインフルエンザの感染が分かり、肺炎を併発して9日に死亡した。他の患者は快方に向かっているという。同病院は「今回の事態を重く受け止め、今後、感染対策をより徹底する」としている。