京都府警北署

京都府警北署

 娘の友人の男子高校生に大麻を売ったとして、京都府警北署は12日、大麻取締法違反(譲渡)の疑いで、京都市左京区の主婦の女(47)を逮捕した。女から大麻を譲り受けたとして、同日までに、同法違反(所持)の疑いで府立高1年の男子生徒(16)=左京区=を逮捕した。いずれも容疑を認めているという。

 女の逮捕容疑は昨年11月15日ごろ、左京区の路上で男子生徒に対し、大麻草3グラムを約2万3千円で譲り渡した疑い。
 北署によると、男子生徒は同月19日、高校近くの公園で同級生と一緒に大麻を吸引したという。この際、同級生が体調不良になり救急搬送されたという。北署は同日に男子生徒の自宅を捜索し、大麻草を押収した。男子生徒は女の娘の友人で、逮捕後の調べに「女から大麻をもらった」と供述したという。