島津全日本室内テニスは12日、島津アリーナ京都で開幕し、男子シングルスとダブルスの1回戦計12試合が行われた。昨年の全国高校総体を制した東山高3年の藤原智也が6―1、7―5で高田航輝(佐鳴台ローンテニスク)にストレート勝ちし、2回戦に進出した。

【1回戦勝者】▽男子シングルス 藤原(東山高)守谷(Team REC)田代(トップラン)松井(ASIA PARTNERSHIP FUND)菊池(エキスパートパワーシズオカ)小倉(あきやま病院)江原(エキスパートパワーシズオカ)

 ▽男子ダブルス 楠原(法大)野口(SYSテニスク)、竹島(Team REC)菊池(エキスパートパワーシズオカ)、金城充(三友スポーツマネジメント)金城光(殿山テニスガーデン)、小野田(プロ・フリー)福田(LUCENT ATHLETE WORKS)