京都府警本部

京都府警本部

 宿泊予約サイトを悪用して「Tポイント」の不正取得を繰り返したとされる事件で、京都府警サイバー犯罪対策課と南署は12日、私電磁的記録不正作出・同供用と偽計業務妨害の疑いで、住所不定、女(51)と長男(31)を再逮捕した。

 府警によると、2人は昨年2月~今年1月、全国のホテルや旅館527カ所に虚偽の予約を入れて無断キャンセルする行為を3250回繰り返し、計約254万円分のTポイントを不正に得ていた。宿泊施設側の損害は1億1500万円超に上るという。

 再逮捕容疑は共謀して昨年11月17日、「一休.com」を使い、宿泊する意思がないのに京都と滋賀、奈良の三つのホテルに客室(計9万4924円相当)を予約した後、無断キャンセルしてホテルの業務を妨害するなどした疑い。いずれも容疑を認めているという。