春のような陽気に誘われ、早くも顔を出したフキノトウ(京都府与謝野町金屋)

春のような陽気に誘われ、早くも顔を出したフキノトウ(京都府与謝野町金屋)

 日本付近に暖かい空気が流れ込んだ13日、京都府内では4月並みの陽気となった。福知山市で最高気温が19・4度となり、北部の今年最高気温を記録した。与謝野町では若草色のフキノトウが顔を出し、春の訪れを告げている。

 与謝野町金屋のカフェ「四季菜きはら」の裏山では、暖冬の影響で2月初旬からフキノトウが芽を出し始めた。例年より約1カ月早いといい、同店の女性(38)は「いつもは雪の下を探してようやく見つかる時期。春が慌ただしくやって来た感じですね」と話した。
 京都地方気象台によると、最高気温は南丹市園部町が19・5度、同市美山町が18・2度だった。