窯元散策路沿いの探訪を楽しむ観光客。信楽焼の火鉢が野積みされ、絶好の撮影スポットになっている(滋賀県甲賀市信楽町長野・山文製陶所)

窯元散策路沿いの探訪を楽しむ観光客。信楽焼の火鉢が野積みされ、絶好の撮影スポットになっている(滋賀県甲賀市信楽町長野・山文製陶所)

 滋賀県甲賀市信楽伝統産業会館の来館者が1月は約1万4千人と前年同期の約13倍に達した。NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」効果で信楽を訪ねる人がじわじわ増えている。毎年2月13日は文化庁が制定した「日本遺産の日」。市は市域の同遺産「信楽焼など日本六古窯」「忍者」発信に躍起だが、こうした人の流れを市全域に誘導する仕掛けやリピーターを増やす総合的戦略が求められる。

 窯元散策路沿い、火鉢が野積みされた山文製陶所。「ここ、テレビに出てたね」。NHKはロケ地を公表していないが、ネット情報や口コミで探訪し、撮影する観光客の姿が絶えない。
 信楽焼の火鉢を生産する同製陶所は昨年暮れに直販所を開設。新商品も制作し、直径約15センチのミニ火鉢が人気という。今井利幸取締役(46)は「出演俳優が会員制交流サイト(SNS)に載せた影響もあるようだ」と笑う。
 信楽陶器工業協同組合によると、1992年に約170億円だった信楽焼の生産額は2018年には約33億円までに減少。ただ窯元や作家は時代のニーズに対応し、デザインなど工夫を凝らし、活路を見いだしてきた。組合幹部は「昨年後半から売り上げが増えている。小ぶりのタヌキなど一部は生産が追いつかず、品薄状態。この風が業界振興につながれば」と願う。
 窯元や陶器店、ギャラリーに加え、公共施設への客足も好調だ。「スカーレット展」開催中の同産業会館の入館者は昨年11月が前年の約3倍、12月は約6倍と、うなぎ上り。県立陶芸の森の月間来園者数(11~1月)も12月以外は前年の約2倍を記録。信楽高原鉄道信楽駅の発券状況(同)は12月を除き対前年比160~170%増。「団体予約は新型肺炎の影響からキャンセルもあるが、個人客は増加基調が続く」
 朝ドラの放送期間はあと1カ月半。信楽では今春以降、「リサ・ラーソン特別展」や日本六古窯サミット、陶器関連イベントが相次ぎ開かれる。市はブームの持続を狙い、ドラマゆかりの地巡りなど新たなロケツーリズム施策の検討に入った。
 地元関係者らでつくる「スカーレット」で甲賀を盛り上げる推進協議会もアンテナショップを拠点に発信力を強化。市全域の周遊スタンプラリーやグルメ提供を企画し、にぎわい拡大を仕掛ける。
 「まだ(信楽の)おこぼれは来てない」。甲賀市観光協会の横川正己事務局長(65)は「波及はこれから」と期待する。18年の観光客数は信楽が約136万人、甲賀忍者の観光資源を抱える甲賀と甲南は約36万人。信楽来訪者を忍者観光、さらに水口、土山の旧東海道沿いにどう誘い込み、地域経済活性化につなげるかは市の大きなテーマだ。
 県内観光地の競争が激化し、新型コロナ肺炎の影響も懸念される中、「来てくれれば魅力が分かる」では物足りない。点在する観光資源の面的な活用や高付加価値のサービス提供、ターゲットを見極めた商品開発、SNSを活用した効果的なアプローチが要る。スカーレットで吹く風を継続させ、積極的にモノ・コトを消費してもらう一歩踏み込んだ観光戦略が急がれる。