職員の介護福祉士が入所者への傷害容疑で逮捕された特別養護老人ホーム「いちがお園」(京丹後市丹後町)

職員の介護福祉士が入所者への傷害容疑で逮捕された特別養護老人ホーム「いちがお園」(京丹後市丹後町)

 京都府京丹後市丹後町の特別養護老人ホーム「いちがお園」で、職員が女性入所者(98)に暴行を加え顔に骨折を負わせたとして逮捕された事件を受け、同ホームの吉岡年光施設長が14日、謝罪した。これまでに他の入所者らへの被害はないという。

 同施設によると、傷害容疑で逮捕された介護福祉士の男(23)=同市網野町=は2017年春に採用。真面目な性格だったが、感情のコントロールが苦手な一面もあったという。
 11日の事件当時は容疑者が1人で女性の入浴介助を担当。暴行後に他の職員に申告し、「つねられたので殴ってしまった」と説明したという。

 同日夕に施設長らが女性の家族に事情を説明し謝罪。女性は翌日の嘱託医による定期回診で骨折が疑われ、13日までに市内の病院で全治1カ月の3カ所の顔の骨折が見つかった。
吉岡施設長は「全利用者と家族、地域にきちんと説明と謝罪をし、信頼回復に努めたい」と話した。