明智光秀に関するエピソードや思いを語る松平さん(福知山市中ノ・市厚生会館)

明智光秀に関するエピソードや思いを語る松平さん(福知山市中ノ・市厚生会館)

 元NHKアナウンサー松平定知さん(75)の講演会「その時歴史が動いた 明智光秀公編」が15日、京都府福知山市中ノの市厚生会館で開かれた。松平さんが光秀に関するエピソードや思いを軽妙な語り口で話した。

 光秀を主人公とするNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の放映を記念して、福知山ロータリークラブが企画し、約千人が訪れた。
 松平さんは「光秀は曲がったことが嫌いで自分の信念に忠実に生きたが、それが本能寺の変につながった」と指摘。朝廷や堺の商人が黒幕などさまざまな説を紹介した上で「一番得したのは誰かと考えたら秀吉しかいない」と「秀吉陰謀説」が信ぴょう性が高いとの思いを述べた。
 光秀の出生や人間関係には諸説あることにも触れ「NHKは設定を決めたが、正しいか分からない」と話し、笑いを誘った。中学生や来場者との質疑応答もあった。