優勝のゴールテープを切る男子の渋川(平安神宮前)

優勝のゴールテープを切る男子の渋川(平安神宮前)

笑顔でゴールする女子優勝の大前

笑顔でゴールする女子優勝の大前

 陸上の京都マラソンは16日、京都市右京区のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)をスタート、左京区の平安神宮前をゴールとするコースで行われ、男子は渋川裕二(前橋市陸協)が2時間21分48秒で優勝した。女子は大前千晶(GRlab関東)が2時間45分25秒で制した。

 男子の2位は三輪真之(stylish、京都市右京区)、3位は枡本裕真(東京陸協)。女子の2位は太田美紀子(京都炭山修行走、京都工繊大職員)、3位は川戸希望(京産大)だった。
 車いす競技(6・1キロ)は、アテネパラリンピック1600メートルリレー銅メダルの寒川進が15分7秒で5連覇した。