大津地裁

大津地裁

 大津市で昨年5月に保育園児の列に車が突っ込み園児ら16人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)などの罪に問われた無職の女(53)の判決公判が17日、大津地裁であり、大西直樹裁判長は「過失と結果がともに重大」として、禁錮4年6月(求刑禁錮5年6月)を言い渡した。

 判決理由で、大西裁判長は女が乗用車を運転中、前方注視をせず漫然と右折したことが事故原因とし、「最も基本的な注意義務を完全に怠った」と指摘。16人が死傷した結果は極めて重いとした上で、園児や引率保育士に「何の落ち度もない」と強調した。男性を脅したなどとされる別の罪に「事故の公判中の犯行は、非難を免れない」と言及しつつ、量刑には特に事故の重大さを反映させたとした。

 被告はこの日、全ての起訴内容を認めた。重傷女児の父親は「子どもを傷つけられ、裁判も引き延ばされ、振り回すのもいい加減にして」と意見陳述し、検察側は求刑を「従前通り」とした。弁護側は情状酌量を求め、被告は最終意見陳述で「心から申し訳ないと思っています」と謝罪した。

 裁判は昨年12月に一度結審したが、今年1月の判決公判で、被告が、男性を脅したとされる強要未遂罪などについて一転して争う意向を示したため、地裁は判決言い渡しを延期していた。

 判決によると、昨年5月8日午前10時14分ごろ、大津市大萱6丁目の丁字路で、対向車の有無など安全確認をせずに時速約10キロで右折して直進車と衝突。はずみで直進車を歩道で信号待ちをしていた園児列に暴走させ、園児2人を死亡させ、園児と保育士計14人を負傷させた、などとした。