大津地裁

大津地裁

遺族らのコメントを呼び上げる被害者側弁護士(17日午後1時すぎ、大津市内)

遺族らのコメントを呼び上げる被害者側弁護士(17日午後1時すぎ、大津市内)

 大津市で昨年5月に保育園児の列へ車が突っ込み園児ら16人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)などの罪に問われた無職の女(53)の判決公判が17日、大津地裁であった。大西直樹裁判長は禁錮4年6月(求刑・禁錮5年6月)を言い渡した。

 大西裁判長は「視界をさえぎるものがない交差点で、もっとも基本的な注意義務を怠り、過失は相当に重い」と述べた。

 また裁判長は被告に対して、「遺族が『タイムマシーンがどこかにないか』と述べられました。残念ながら時間を巻き戻すことはできません。被害者は深い悲しみ、苦しみの中、法廷であなたの発言や態度を見守ってきました。法廷にくることができない人もいました。きちんと罪に向き合ってください」と説諭した。

 裁判は昨年12月10日に一度結審したが、今年1月16日の判決公判で、被告が、保釈中に起こした男性へのストーカー事件で一転して争う意向を示したため、地裁は判決言い渡しを延期、弁論を再開していた。大津地裁はこの日の午前中に同じ法廷で、被告人質問や論告求刑を行った。

 女はこの日再開された弁論で、起訴事実について「間違いありません」と認め、事故について防止柵が当時はなかったことや園児の待機場所が電柱の影ではなかったことなど「いろんな要素が重なったが、私がすべて悪い」と述べた。併合審理されているストーカー事件については「会ったことは一度もありません」と話した。

 また訴訟参加している被害者の父親は「被告の発言に何度傷付けられたか分からない。裁判を引き延ばし、反省の言葉を信用できない」と述べ、厳罰を求めた。被害者代理人の弁護士は「判決言い渡しが被告の言動で取り消された」と、被告の姿勢を批判した。

 検察側は「前方を見ていなかったのは大きな過失。被告の訴訟活動は刑事責任を軽くするためで、表面的な反省しかない」と、前回と同じく禁錮5年6月を求刑した。

 被告の弁護側は「民事の損害賠償裁判では直進車の過失割合は2割。前方不注意のよくある事故であり、結果は重大だが量刑に過大に反映すべきものではない」「少しでも被害が少なく済んでいればとの思いからの発言が、被害者家族の神経を逆なでしとことを深く反省している」と、寛大な量刑を求めた。

 判決によると、昨年5月8日、大津市大萱6丁目の丁字路で、乗用車を運転中に確認を怠って右折し、対向の軽乗用車と衝突。軽乗用車を園児列に突入させ、園児2人を死亡させ、計14人に重軽傷を負わせた、などとしている。