9日のこけら落としとなった試合で、ごみが散乱するサンガスタジアム京セラ内(亀岡市追分町)=NPO法人プロジェクト保津川提供

9日のこけら落としとなった試合で、ごみが散乱するサンガスタジアム京セラ内(亀岡市追分町)=NPO法人プロジェクト保津川提供

 9日に開業した京都府亀岡市のサンガスタジアム京セラ(府立京都スタジアム)。市はプラごみゼロを目指す「エコスタジアム」としてアピールするものの、レジ袋に入ったごみが散乱し、グッズ売り場ではプラスチック製レジ袋が無償提供されていた。「エコ-」の実現はまだこれからだ。

 市と市議会は2018年12月、30年までにプラごみゼロを達成する「プラスチックごみゼロ宣言」を行った。21日開会の3月議会に提案する全国初のプラ製レジ袋提供禁止条例案もその一環で、市はスタジアムが環境保全の象徴となるよう、府に要望している。
 しかし、サッカーJリーグ・京都サンガFC対セレッソ大阪の練習試合があった当日は、「エコ」とは言い難い状態だった。来場者や入手した画像によると、ごみ箱はあふれ、レジ袋や紙コップなどが散乱。分別も徹底されていなかった。
 試合を主管したサンガは、飲食店にプラ製のレジ袋、容器、ストローの提供を禁じたが、ごみ箱付近にスタッフを常駐できなかった。担当者は「レジ袋は外部から持ち込まれたもの。想定以上の来場者で回収が追いつかなかった」と釈明した。
 ただ、サンガ側は飲食店に禁止を求めながら、スタンド入り口前のグッズ売り場ではプラ製レジ袋が無償配布されていた。市は現在、市内事業者にレジ袋有料化を要請しているが、協力していなかった。
 一方、隣接の空き地で府が催したグルメイベントでは紙製容器を使い、会場内のエコステーションにスタッフが配置され、分別は徹底されていた。スタジアム内外で対策に違いがあった。
 3月1日には初のJ2公式戦が行われる。地元店舗が周辺広場で開く「かめおかecoマルシェ」はプラ製レジ袋禁止とリユース食器使用を義務化する。ただ、サンガは「9日の状況を検証し、ごみの回収を増やすよう検討する。市と協議し、できるところからやる」とするにとどまる。
 桂川孝裕市長は14日の会見で、「府や施設管理者にリユース食器の利用を働き掛け、前向きな返答をいただいた。スタジアムを環境先進都市の象徴にしたい」と述べ、サンガにはレジ袋の無償配布をやめるよう要請する考えを示した。
 市内で環境保全活動を行うNPO法人プロジェクト保津川代表理事の原田禎夫大阪商業大准教授は「スタジアムでエコを発信することが地域の盛り上がりやチームの士気にもつながる。みんなが『できてよかった』と思える施設になるよう協力したい」と呼び掛ける。
 レジ袋禁止条例案は、事業者の不安から当初予定していた8月施行が難しい情勢となっている。市民からは「店舗に負担をかける前に、市がもっと努力すべき」との声も上がる。
 スタジアム敷地内にはペットボトルの自動販売機も設置されている。市や府、サンガが一体となり、スタジアムでプラごみ削減を徹底する姿勢を見せれば、市民や全国から集まるサポーターにも、絶好のアピールになる。

≪亀岡市プラスチック製レジ袋提供禁止条例案≫

 小売店など全事業者にプラ製レジ袋の配布を全面禁止、紙など生分解性の袋も有料化を義務づける。違反店舗には事業者名公表の「罰則」もある。3月議会に提案し、施行日は未定。市は施行前でも、レジ袋有料化を店舗に要請している。