世木ダムの直下でアユの遡上しようとする姿が確認された天若湖(京都府南丹市日吉町)

世木ダムの直下でアユの遡上しようとする姿が確認された天若湖(京都府南丹市日吉町)

中筋さんが2019年6月1日に撮影した、世木ダム直下に群れるアユ(京都府南丹市日吉町)

中筋さんが2019年6月1日に撮影した、世木ダム直下に群れるアユ(京都府南丹市日吉町)

 京都府南丹市日吉町の日吉ダムのダム湖「天若湖」で昨春、遡上(そじょう)しようとするアユの群れが確認され、ダム湖が海の代わりを果たして成長する「陸封アユ」の可能性が高いと話題になっている。ダム湖の上流にあたる京都市右京区の市民団体「上桂川を守る会」や上桂川漁業協同組合は29日に陸封アユの生態や活用を考えるセミナーを開き、関心を広げる。

 アユは年魚で秋に川を下って産卵し、冬に海でプランクトンを食べて成長。春になると、川に遡上してコケを食べるサイクルを繰り返す。琵琶湖を代表例に、一定規模の湖で冬を過ごして海に下らずに再生産するアユを陸封アユと呼ぶ。岐阜県恵那市の阿木川ダムでも確認されている。
 日吉ダムは桂川水系最大で1998年に運用が開始された。天若湖はすぐ上流にある関西電力の発電用の世木ダム(日吉町)まで広がっており、面積は274ヘクタールに及ぶ。京都市京北農林業振興センター(右京区)所長の中筋祐司さん(50)が、世木ダム直下の天若湖で昨年5月末ごろに、10センチ程度の群れが世木ダムを遡上しようとする様子を撮影した。同ダム上流の桂川では上桂川漁協が毎年5月から稚魚を放流しているが、春は遡上する傾向のため、放流とは考えにくいという。さらに上流の桂川でアユの卵も確認した。
 中筋さんは「陸封アユとみられる。世木ダム上流で産卵したアユが流れたり、ダム湖の小さな沢で産卵したりしている可能性がある」と指摘する。ただ、世木ダムには魚道がないため、京都市右京区京北の桂川には遡上できない状況だ。
 セミナーは午後1時から京都市右京区京北周山町の市京北合同庁舎で開催。中筋さんが「陸封アユ」の現状について報告し、研究者が生態やアユのためにできることを語る。
 上桂川を守る会の奥居正敏代表(63)は「天然アユは憧れの存在で川はつながってこそ、流域に恵みをもたらす。陸封アユの存在は流域住民の意識を高め、川をきれいに守ることにもつながる」と話す。