【資料写真】丹海バス

【資料写真】丹海バス

バス路線の再編などについて議論した与謝野町地域公共交通会議(同町岩滝・岩滝保健センター)

バス路線の再編などについて議論した与謝野町地域公共交通会議(同町岩滝・岩滝保健センター)

 丹後海陸交通(丹海バス)は10月から、病院線(京丹後市・峰山―与謝の海病院)の京都府与謝野町内の運行区間を短縮する。このほど行われた町地域公共交通会議で承認された。廃止区間については、町営バスの路線新設やルート変更で対応する。


 病院線は、与謝野町岩屋、四辻、石川などを経由する路線。年間利用者数が少なく、現状では10月から国と府の補助金対象外となるという。同社の運転手不足もあり、路線再編となった。
 案では、病院線の運行区間を峰山―四辻に短縮し、岩屋地区への経由も取りやめる。与謝の海病院へは、四辻での与謝線への乗り換えを促す。また、代替として岩屋地区に町営の「コミュニティバスひまわり」の路線を新設。石川地区のひまわりのルートも変更する。
 病院線の新運賃や、ひまわりの詳細なルートとバス停の位置については引き続き検討し、5月頃に提案する。