2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日、パラのチケットの2次抽選に約24万人が参加したと発表した。この日、全員に公式サイトの個人ページなどで抽選結果を通知した。購入手続き期限は3月2日。販売枚数は販売終了後に公表する。

 昨年8~9月に受け付けたパラの1次抽選での申し込み人数は約39万人だった。組織委によると、数十万人規模の抽選参加は成功例と位置付けられているロンドン大会と比べてもかなり多い。

 五輪とパラで昨年5月以降順次行ってきたサイト上での抽選はこれで終了。残るチケットは東京都内に設ける販売所などで扱う。