京都府舞鶴市役所

京都府舞鶴市役所

 京都府舞鶴市は18日、舞鶴港に4月3日の寄港を予定していた台湾・基隆発着のクルーズ船「コスタ・ベネチア」と、6月14日に寄港予定だった中国・上海発着の「サファイア・プリンセス」の2隻の入港がキャンセルになった、と明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大を考慮したとみられ、市は今年、寄港を計画している他のクルーズ船への影響を懸念している。

 市によると、コスタ・ベネチアをチャーターする旅行会社から12日、市に「コロナウイルスで、ツアーコースを取りやめた」との連絡があった。横浜港に停泊中の「ダイヤモンド・プリンセス」と同じ運営会社の姉妹船「サファイア・プリンセス」の船舶代理店からも、京都府に13日、岸壁の使用予約のキャンセルがあったという。

 府とともにクルーズ船の誘致に取り組んできた市は「2隻とも初入港でセレモニーも検討してきただけに非常に残念。事態が早く収束し、クルーズ船で多くの観光客に舞鶴を訪れてもらえるよう願っている」としている。