京都地裁

京都地裁

 強盗事件の容疑者に逮捕日を漏らす見返りに現金を受け取ったとして、加重収賄罪などに問われた元東山署巡査長の被告(41)=懲戒免職=に対し、京都地裁は19日、懲役3年、執行猶予4年、追徴金200万円(求刑懲役3年、追徴金200万円)を言い渡した。入子光臣裁判長は「警察官の職務の公正に対する社会の信頼を著しく失墜させる犯行」と述べた。

 贈賄罪や恐喝罪に問われた会社役員の男(49)には懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役3年)を言い渡した。

 判決によると、元巡査長は昨年3月、会社役員から監禁、強盗事件の逮捕予定日を教えるよう依頼され、同月末~4月末、京都市内を走行中の乗用車内で会社役員から2回にわたって計200万円を受け取り、7月10日、会社役員に電話で逮捕予定日を漏らした。

 判決理由で入子裁判長は、元巡査長について「現職の警察官として、事件の捜査情報を厳格に保持すべき立場にあった」と指摘。捜査情報の漏えいにより会社役員が一度逮捕を逃れていることを踏まえ「刑事責任は重い」とした。一方、事実を認め、贖(しょく)罪(ざい)寄付をしていることなどを情状として考慮した。

 京都府警監察官室の姫野敦秀首席監察官は「警察の信頼を損ねるあるまじき事案であり、引き続き不祥事の再発防止と信頼回復に努める」とコメントした。