京の老舗や名店の手掛けた料理が並ぶ会場(京都市下京区・京都高島屋)

京の老舗や名店の手掛けた料理が並ぶ会場(京都市下京区・京都高島屋)

 京の老舗料亭などの料理を楽しめる「京の味ごちそう展」が19日、京都市下京区の京都高島屋で始まった。弁当や漬物、菓子などがブースに並び、大勢の買い物客らでにぎわっている。

 京の食文化の豊かさを知ってもらうため、京都料理組合や京都洋食会などが主催し、64回目になる。

 「菊乃井」や「魚三楼」など7店が特別メニューの弁当を提供するイートイン・コーナーは一番人気で、開始直後から長蛇の列ができていた。

 「後世に残したい日本のおかず」のコーナーでは、老舗7店がおばんざいをレシピ付きで販売。即売ブースには約40店がパンや総菜、つくだ煮などを陳列し、訪れた人たちにアピールしていた。25日まで。