リフトを動かしスキー場開きを祝う関係者(京都府京丹後市弥栄町・スイス村スキー場)

リフトを動かしスキー場開きを祝う関係者(京都府京丹後市弥栄町・スイス村スキー場)

 京都府京丹後市弥栄町のスイス村スキー場で16日、安全祈願祭とスキー場開きが営まれた。先週末に降った雪が残る中、関係者約20人が35シーズン目を迎えたゲレンデの活況や安全、雪の恵みを祈った。

 府内唯一の同スキー場は太鼓山(683メートル)の山頂付近にあり、初級者向けから上級者向けまで計7コースがある。積雪に恵まれた昨季は延べ79日間の営業で、8340人(前年比12%増)がスキーを楽しんだ。

 安全祈願の神事に続く式典では、スキー場を運営するスイス村管理組合の大江俊孝専務が「スイス村は丹後の学校スキー教室の拠点。アメリカや韓国など海外のお客も増えている」と述べた。その後、リフトが始動され、関係者から拍手が送られた。

 ゲレンデの積雪は現在約5センチ。最低でも約60センチに達してから営業を始めるという。問い合わせは同スキー場0772(66)0036。