福知山産の餅米や小豆を使ったぜんざいとほうじ茶のセット

福知山産の餅米や小豆を使ったぜんざいとほうじ茶のセット

府北部の逸品やオリジナル商品など多彩な土産物が並ぶ店内(福知山市駅南町)

府北部の逸品やオリジナル商品など多彩な土産物が並ぶ店内(福知山市駅南町)

 店の扉を開くと、京都府福知山市の土産物の数々が目に飛び込んでくる。せんべいなどの名品から、福知山踊りの女性を描いた缶バッジまで、多彩な品ぞろえは見ているだけでも楽しい。
 「お土産と喫茶 足立」店主の足立明日美さん(35)が「福知山の魅力を詰め込んだ」と話す店内では、地元の食材を使ったスイーツや軽食を提供。一角で、土産物の販売も行う。昨年10月にオープン。大阪市で働いていた足立さんが結婚を機に故郷の福知山に戻り、店を開いた。
 メニューは約30種類を用意。全てに、地元ゆかりの食材を使う。無農薬栽培のユズのジャムが入ったチーズケーキ。大江町の卵を具にのせたトースト。豆から炊く冬季限定のぜんざいは、甘さを控えた人気の品。「地元の食材を元に一つ一つメニューを工夫するのが楽しい」と足立さんはほほ笑む。
 約100種類の土産物を集めたコーナーには、由良川藍で染めたコースターや丹後和紙のしおりなど、府北部に根差した伝統の逸品が並ぶ。この他にも、福知山城をあしらったポチ袋やはがき、たい焼きを描いたブックカバーなど、店オリジナルの商品も販売している。
 3度目の来店という女性(57)=同市大江町河守=は「木の香りで落ち着くし、店主とのおしゃべりも楽しい。居心地の良さが気に入っている」と話す。座敷も備えた和風のしつらえが、子連れの若い母親から高齢者まで幅広い世代に親しまれている。

 お土産と喫茶 足立 福知山市駅南町1丁目268。火~金曜の午前11時~午後5時。0773(45)7757。