日本製紙連合会の矢嶋進会長は20日、新型コロナウイルスによる肺炎を受けたマスクの品薄状態について「(平常に戻るのは)中国でウイルスが収まるころになるだろう」と述べ、当面は手に入りにくい状況が続くとの見通しを示した。