20日の練習で汗を流すサンガの中川(右から2人目)や宮吉(右端)=東城陽グラウンド

20日の練習で汗を流すサンガの中川(右から2人目)や宮吉(右端)=東城陽グラウンド

 J2京都サンガFCは23日午後2時から、山口と維新みらいふスタジアムで開幕戦に臨む。アウェーで迎える開幕戦は2015年以来。今季就任した実好監督の下、5年ぶりの開幕勝利を挙げ、目標のJ2優勝へ勢いをつけたい。


 21日は東城陽グラウンドで、非公開で約1時間半練習した。攻守に分かれて連係を確認した後、紅白戦を行った。主将の安藤は「日を追うごとに連係は良くなっている。相手をゼロに抑え、勝てるサッカーをする」と力強く語った。
 大型補強を行い、2010年以来のJ1を目指す「新生サンガ」。13人の新加入選手と既存戦力との融合を図ってきた実好監督は「戦える状態になった。勝ってスタートダッシュすることが大事」と力を込めた。