京都成章-大阪朝鮮高 前半28分、トライを決める京都成章のWTB中川。17-0とする(宝が池球技場)

京都成章-大阪朝鮮高 前半28分、トライを決める京都成章のWTB中川。17-0とする(宝が池球技場)

 ラグビーの近畿高校大会は22日、宝が池球技場で準決勝が行われ、京都成章は24-0で大阪朝鮮高を完封で破り、2年連続の決勝進出を決めた。東海大大阪仰星は38-0で大阪桐蔭に完勝した。

 京都成章は前半15分、ラインアウトからモールを押し込みプロップ中野裕が先制トライ。同19分にフランカー森、同28分にWTB中川のトライで点差を広げた。防御は正確なタックルで無失点に封じた。