東海大大阪仰星-京都成章 後半、激しいタックルで食らい付く京都成章(宝が池球技場)

東海大大阪仰星-京都成章 後半、激しいタックルで食らい付く京都成章(宝が池球技場)

 ラグビーの近畿高校大会は23日、宝が池球技場で決勝が行われ、京都成章は22-26で東海大大阪仰星に惜敗し、2連覇を逃した。3月24日に開幕する全国高校選抜大会(埼玉県・熊谷ラグビー場)には両校のほか、大阪朝鮮高、大阪桐蔭、常翔学園が出場する。

 京都成章は前半、CTB山田のトライなどで10-5とリードして折り返した。後半はボールを奪い合う接点で後手に回り、3連続トライを許して逆転された。終了間際にWTB中川の2トライで追い上げたが届かなかった。