滋賀県庁

滋賀県庁

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の新型コロナウイルス集団感染で、滋賀県は24日、船内でのウイルス検査で陰性だった県内の乗客4人の健康フォローアップを開始したと発表した。

 県薬務感染症対策課によると、フォローアップの対象は、20日に下船した60代女性と70代男性の夫婦2組の計4人。23日に厚生労働省から要請を受けて行い、3月5日までの期間中、保健所が毎日4人に電話で発熱やせきの有無などを確認する。発熱があった場合、本人から在住している自治体の「帰国者・接触者相談センター」に報告するよう呼び掛けている。
 また、不要不急の外出や、公共交通機関の利用を控えることなども要請しているという。