滋賀県警守山署

滋賀県警守山署

 滋賀県警守山署は24日、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で、滋賀県守山市、団体職員の男(44)を逮捕した。

 逮捕容疑は、23日午後11時ごろ、同市勝部1丁目で、飲酒して軽乗用車を運転した疑い。
 同署によると、男の車が、信号のない横断歩道を渡っていた男性(58)に接触した。目撃者からの110番で駆けつけた同署員が、男の呼気を調べたところ、基準値以上のアルコールを検出したため、現行犯逮捕した。横断歩道を渡っていた男性は頭部にけがを負ったといい、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いでも調べている。