京都大の2次試験会場に登場した恒例の「折田先生像」。今年はテレビ番組のキャラクター・スーパーヒトシ君だった(25日午前9時25分、京都市左京区)

京都大の2次試験会場に登場した恒例の「折田先生像」。今年はテレビ番組のキャラクター・スーパーヒトシ君だった(25日午前9時25分、京都市左京区)

 2次試験の始まった京都大の吉田南キャンパス(京都市左京区)に25日、恒例の「折田先生像」が登場した。今年は、世界の歴史などを紹介するテレビ番組「世界ふしぎ発見!」のキャラクター・スーパーヒトシ君になり、受験生にエールを送った。
 張りぼての像は、旧制三高初代校長・折田彦市の銅像があった場所に毎年置かれ、2次試験が終わると姿を消す。制作者は謎に包まれている。
 京大に登場したスーパーヒトシ君は、右手を上げてにっこりと笑顔。傍らには「折田彦市先生は、ミステリーハンターとして未知の世界の探求に尽力し、京大にふしぎ発見な学風を築くために多大な功績を残した人です。どうかボッシュートしないで下さい」と説明書きが添えられていた。「ボッシュート」は同番組で使われる用語で、不正解者が人形を没収される時に使われる。近年、「自由の学風」と逆行するような管理強化が指摘されている京大執行部に対する批判の意味が込められている、のかもしれない。