【資料写真】近江鉄道

【資料写真】近江鉄道

 滋賀県東近江市は近江鉄道と連携して、今秋の1カ月間、終日乗り放題できるワンコインの特別切符の発行に初めて乗り出す。乗客数の減少などで鉄道事業の赤字が続き、県や沿線市町などが同鉄道線の存続問題を議論している中、沿線住民や観光客の利用促進を目指す。運賃の値下げによる利用者数への効果も調べる。

 発行するのは、月~木曜に八日市―近江八幡駅間で終日自由に乗降できる切符(両駅で販売)と、金~日曜と祝日に鉄道全線で利用できる切符(有人駅で販売)。いずれも料金は大人500円で、誰でも購入できる。
 現行の運賃は両駅間が片道460円、金~日曜と祝日に全線で使える1日乗り放題券「1デイスマイルチケット」が900円。利用区間によって、特別切符の方が安くなる場合が多い。
 観光シーズンに合わせて今秋の1カ月間に発行する予定で、詳細な時期は今後決める。市によると、2018年度秋季の1カ月あたり、両駅間の利用者数は月~木曜に約1万6千人、同チケットの利用者は全線で約2万人いた。市は特別切符の導入で、いずれも3割増を見込んでいる。
 市は2020年度当初予算案に関連費用2千万円を盛り込んだ。予想される利用者数に合わせて、現行の運賃との差額を近江鉄道に補填(ほてん)する。
 小椋正清市長は導入の狙いについて、「利用増加に向けて、まずは気軽に鉄道に乗ってもらうきっかけ作りから始めたい。鉄道線の存続のためにも、今後も近江鉄道と協力を進めていく」と話した。